ShuShuRu

来訪者の体温測定と手指消毒を自動化できる縦型の21.5型ディスプレイ

ShuShuRu(シュシュル)は21.5型の縦型液晶画面と検温装置、オートディスペンサーが一体型となった屋内向けディスプレイです。Android OSを搭載し、USBメモリもしくは本体で設定した任意の動画や静止画、オンラインコンテンツを表示※1することで、案内板やデジタルサイネージディスプレイとして利用できます。専用スタンドが付属し、最長190cmの高さでフルHD画質のコンテンツを掲示します。

ShuShuRu

体温測定とアルコールによる手指消毒をこれ1台でカバー

検温装置部には温度センサーを搭載、手をかざすと自動的に体温を測定しディスプレイに表示します。あわせて測定した体温の音声読み上げができます。表示および読み上げは189言語に対応しています。

オートディスペンサーは人感センサーを搭載し、噴射口に手を近づけると充填したアルコール消毒液などの液体を自動的に適量吹きつけます。これら2つの搭載機能によって非接触かつ無人で体温測定と手指消毒を来訪者に対し平等に実施することが可能です。

●導入事例

守谷市役所 市長・松丸修久 様
この度守谷市役所は新型コロナウィルス対策の一環としてCerevo社製のShuShuRuを守谷市役所及び隣接する守谷中央図書館の入口に先行導入致しました。 非接触による検温、手指消毒が出来る為感染へのリスクを低下させることは勿論、サイネージとして市のイベント告知など幅広く活用致します。

株式会社IROHA STANDARD 代表取締役・系谷瞳 様
(株)IROHA STANDARDは、観光客向け新型コロナウイルス対策の一環としてCerevo社製のShuShuRuを3台先行導入致しました。以前は検温スタッフの配置を行っており、お客様との接触にも不安がありましたが、本機の導入によりリスク低下に取り組めました。また、店舗情報にサイネージも活用しお客様の案内板として活用しています。


●製品仕様

サイズ[本体] W38 × H110 × D12 cm、[スタンド] W62 × H100〜145 × D45 cm
重量30kg(スタンド含む)
液晶21.5型(縦)
搭載OSAndroid7.1.2
CPU4 core Coretex-A17(1.8GHz)
メモリ[RAM] 2GB、[ROM] 8GB
端子口USBポート×2、Ethernet×1(有線LAN接続用)※1 ※2
給電ACケーブル
液晶解像度フルHD(1920×1080)
液晶バックライト輝度250nits
液晶バックライト定格寿命50,000時間(設計値) ※3
搭載機能検温 ※4、オートディスペンサー
オートディスペンサー液体タンク容量3リットル
対応言語数189言語 ※5
希望小売価格278,000円(税別)

ShuShuRuは専用のAndroidアプリを搭載しています。


※1:本製品はネットワークに接続せず、オフラインでのご利用いただけます。
※2:オンラインで本製品をご利用いただく場合、通常は有線LANでの接続が必要です。有料オプションで無線LAN(Wi-Fi)が利用可能なドングルをご用意いたします。
※3:耐久年数はご利用の環境によって異なります。
※4:本製品に搭載されている検温装置は医薬品医療機器法で定める体温計ではなく、あくまでスクリーニングが目的の機能です。検温結果は体温近似値を指します。診断目的での体温検知には医療機器をご使用ください。
※5:ディスプレイに表示されるテキストおよび読み上げ音声は、搭載OSにサポートされている言語をご利用いただけます。